抜け毛で頭髪が薄くなってしまい悩まれている方は多く、男性だけでなく女性にも増えています。
抜け毛の原因としてはホルモンのバランスが関係している事と、食生活を含む生活習慣に関係している事があります。
ホルモンのバランスが不安定になってしまう原因は、女性の場合では妊娠をしたり出産をした場合と、加齢に伴い更年期障害や閉経すると女性ホルモンが減少してしまいます。
男女に共通して言える事は、自律神経が乱れてしまうとホルモンのバランスが崩れやすくなり抜け毛を促進してしまいます。
自律神経が乱れる原因は、食生活の乱れや環境ストレスが原因で、過度のダイエットによる栄養不足や、困憊した疲労や睡眠不足が関係しています。
対策方法としては、栄養のバランスが取れている食事に、育毛や発毛に必要な亜鉛が含まれている食材を加える事と、夜は10時頃には睡眠できるようにしておくのが効果的です。
夜間11時から2時の間に睡眠していると、体内では成長ホルモンの分泌が促進され、疲労回復や毛根組織の再生、育毛や発毛が盛んになります。
快眠はストレスの発散にも繋がり、効果的に抜け毛を予防する対策になります。
生活習慣の中で煙草を吸う習性がある場合、抜け毛対策を行うためには控える必要があります。
煙草の成分には人体に悪影響を及ぼす物質が含まれていて、体の中に取り込まれると血管を収縮させます。
収縮をすると、血液の流れが鈍くなり血行が悪くなってしまいます。
抜け毛対策で重要なのは血行を良好な状態で維持することが大切です。
血行が悪くなると皮膚表面への血流が悪くなり、頭皮にある毛根へ栄養源が届かなくなります。
栄養が届かない事で毛髪は弱くなって抜けてしまうので、血行を維持するためには煙草を控える事が大切です。