女性のAGAを予防するために重要な事は、生活習慣や食生活を見直すことが大切です。
女性のAGAの原因としては女性ホルモンの減少が起因しているケースが多くあります。
妊娠や出産で髪の毛が薄くなってしまう人も多くいますが、年齢とともに発生する更年期障害でも女性ホルモンが減少してしまいAGAを進行させる原因となってしまいます。
生活習慣や食生活が起因しているケースは改善をすることでAGAを効果的に予防できます。
過剰なダイエットで栄養不足となってしまうと、体内ではホルモンバランスが崩れてしまい、女性ホルモンの分泌が減少してしまいます。
食生活としては高カロリーのお肉や高コレステロールの脂っこい食事を控えるようにし、野菜やフルーツを中心とした栄養バランスの取れている食生活が大切です。
AGAを効果的に予防するためには睡眠時間も大切です。
睡眠が大切な理由は二つあり、一つ目は育毛や発毛に重要な成長ホルモンの分泌が関係しています。
夜は23時から2時の間に成長ホルモンが効率的に分泌されますが、その時間帯には睡眠に就いている必要があります。
夜は22時には眠れる状態になっているのが良いです。
二つ目は睡眠はストレスの解消や疲労回復につながり、自律神経を整えホルモンバランスを安定させます。
睡眠不足が続くと自律神経が乱れてしまい女性ホルモンの減少に繋がってしまいます。
タバコを喫煙する習慣がある場合、タバコに含まれているニコチンの作用によって血管が収縮してしまいます。
血管が収縮してしまうと、頭皮への血流が悪くなってしまい毛根に育毛や発毛に必要な栄養素が届かなくなってしまいます。
AGAを予防するためにはタバコを控える事も効果的です。