女性の薄毛治療に重要な事は、生活習慣を見直し、薄毛を促す原因を取り除いていくことが大切です。
女性が薄毛になる原因としては、ホルモンバランスの崩れによる女性ホルモンの減少や、妊娠や出産でのホルモンの減少、加齢とともに更年期障害や閉経での女性ホルモンの減少による薄毛と、生活習慣が起因している薄毛があります。
生活習慣が起因している薄毛は治療を行いやすいのが特徴です。
薄毛を治療する為に大切な事は、血行を良くすることとホルモンバランスを安定させておくことです。
血行を良くする生活習慣としては、高カロリーの肉類や高コレステロールの脂っこい食べ物を控えるようにし、野菜や海草類を中心とした食生活にすることで血中コレステロールの数値を下げ血液が流れやすい状態にすることが大切です。
血中コレステロールの数値が高くなってしまったり、タバコの喫煙習慣がある場合はニコチンの作用によって血管が収縮してしまうので、血行が悪くなってしまいます。
血行が悪くなると頭皮への毛細血管に血液が流れなくなり、毛根に栄養を届けられなくなってしまいます。
毛根に栄養が届かないと育毛や発毛ができません。
過度のダイエットは栄養障害が発生したり、栄養が偏ってしまうため、体内では自律神経が乱れホルモンバランスが崩れてしまいます。
栄養のバランスが取れた食生活を続けることが大切です。
薄毛治療に欠かせないのが適切な睡眠時間です。
育毛と発毛には成長ホルモンが必要で、成長ホルモンは夜の23時から2時の間が最も多く分泌されます。
ですが、その時間帯は眠っている状態でないと成長ホルモンが分泌されません。
夜は22時頃には眠りに就ける状態にしておくことで治療効果を促進できます。